北海道の釣り サーモンフィッシング ロッド編

目次
北海道の釣り サーモンフィッシングロッド編
サーモンは、川ではなくて海で釣る
サーモンロッドとしての最低条件
おススメのロッド

北海道の釣り サーモンフィッシング ロッド編

kpgolfpro / Pixabay

前回、『北海道の釣り サーモンフィッシング』と題して、北海道にやってくるサーモンについて書きましたが、今日はその続き、道具、その中でもロッド編です。

ロッド、リール、ライン、基本的なルアーについてご紹介したいと思います。
文字

サーモンは、川ではなくて海で釣る

まずは、ロッド。サーモンも大雑把な括りで言えば、トラウト。ということで、大型トラウト兼サーモンを対象にした8ft~9ftあたりのロッドを飛行機に積み込み北海道へやってくるトラウトマンをたまに見かけます。

多くのメーカーで発売している「大型トラウト兼サーモン用のロッド」は、一応、サーモン用と謡ってはいるのですが、あくまでも河川に上ったサーモンを前提として設計されています。その為、北海道でサーモンを狙うには、明らかなポテンシャル不足と言わざるを得ません。

北海道のサーモンフィッシングは、基本は海。

そう、北海道のサーモンフィッシングは、リバーではなくサーフや堤防からサーモンを狙うのが基本です。その為、大型トラウトとの兼用ロッドでは、サーモンが泳ぐポイントまでルアーが届かずせっかく北海道までやってきて、一生懸命運んできたロッドが役に立たずボウズという悲劇を招いてしまいます。

サーモンロッドとしての最低条件

北海道で、ギンピカサーモンを釣り上げる為に必要なロッドは、

  • トルクフルなバット
  • ロッドの長さは、12ft以上
  • PEラインに対応しているガイド

この3つの条件を満たしたロッドでなければ、北海道のサーモンフィッシングを楽しむことは残念ながらできません。逆に言えば、この3つの条件を満たしていれば、場所と日にちを間違えなければ、誰でも、そこそこ楽しめてしまいます。

おススメのロッド

筆者が使っているロッドは、『SHIMANO(シマノ) ロッド カーディフ サーモンプレミアム 130H 338167』。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

このロッドは、3つの条件をすべて満たしているロッドのひとつです。中でも、サーモンが急に走り出した時、しっかりとサーモンをコントロールできる ロッドの強さを持ちながら、サーモンの「もじもじ」した微妙~なアタリの感触をしっかりとロッドを持つ手に教えてくれる繊細さが素晴らしいロッドです。

スエード調ケースとか、アルミエンドバッジで作られたロッドエンドとかは個人的には正直どうでも良いのですが、高級感もある為、満足度の高い大人向けのロッドになっています。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

[/wc_column][/wc_row]

次回は、リールとラインあたりについてご紹介したいと思います。