名古屋市議655万円増強行採決で1355万円に。札幌市議は?

名古屋市議655万円増強行採決で1355万円に。

というニュースがヤフーニュースにアップされていました。( ̄0 ̄;ノ

名古屋市長である河村たかし市長は、「800万円でできませんと家計簿でも見せて納税者に説明できないといかん」655万円アップの強行採決に反対しているようですが、そもそも市民の為に働くと近い立候補し、市民の信任を受けて活動する議員が1355万円もの報酬を得る働きをしているのでしょうか??

ちなみに、愛知県の平均年収は、518万円です。800万円でも平均年収の1.5倍だというのに、1355万円に増額したら庶民の年収の2.6倍になってしまいます。どう考えても市民から信任を受けた議員が受け取る額としては多すぎように思えます。

札幌市議の報酬は?

札幌市議会議員の議員報酬及び期末手当に関する条例に札幌市議会議員の報酬が定められています。それによると、議長と副議長以外の議員の月収は、86万円年収にすると1032万円です。

名古屋市議よりも232万円多いようです。

ちなみに、北海道の平均年収は400万円です。

札幌市市議会員は、道民の約2.6倍もの報酬を受け取っている

ということになります。

さすがに2.6倍の年収はもらいすぎではないでしょうか?

札幌市議の報酬は異常。600万にすべき。

札幌市も名古屋市の河村たかし市長をみならって、北海道の平均年収のせいぜい1.5倍の600万円にしておくべきでしょう。

そもそも市議会議員の報酬は、各都道府県の平均年収を基準とした報酬としなければなりません。なんの結果をださずとも、市議会議員達は、庶民の2.6倍ものお金を受け取れるという安心感で一杯になり、議会で居眠りしたり、秘書と不倫旅行したり(それは党をクビになった女性参議院議員でした(^^;) してしますのです。

議会での居眠りは危機感の無さと高額すぎる報酬が原因でしょう!

当然のことですが、庶民の2.6倍もの報酬をもらっている議員たちは贅沢三昧な暮らしをしている為に、「もっと北海道(札幌市)の経済を良くし、北海道(札幌市)民の年収を増やすような政治をしていかなければならないッ!」という気には決してなることはないでしょう。

毎年、大して景気も良くならず、犯罪率も減らず、教育水準も高くならないのは高すぎる報酬が議員達から危機感を奪うという原因があるからなのです。

やれやれな話ばかりになってしまいましたが、札幌市議会議員も、そして公務員も、そろそろ各都道府県の平均年収を基準に年収を設定すべき頃だと思うのですが、如何なものでしょうか。