あまり知られていない北海道の神秘 支笏湖氷濤まつり

あまり知られていない北海道の神秘 支笏湖氷濤まつり

目次

  1. あまり知られていない北海道の神秘
  2. 氷濤とは
  3. 『支笏湖氷濤まつり』の開催期間
  4. まとめ

北海道の神秘なファンの皆様、こんばんは。

本日は、数ある北海道の中でも実にローカルで全国にその名をほとんど響き渡せていないが、とっても神秘的で素晴らしい北海道のお祭りをご紹介したいと思います。

それが、『支笏湖氷濤まつり』!

毎年、札幌市と千歳市にまたがるように広がる支笏湖のほとりで行われるお祭りで、『支笏湖氷濤まつり』の名の通り、氷の柱をライトアップすることで、とても美しく、そして神秘的なお祭りとなっているのです。

氷濤とは

ちなみに、氷濤とは、風によって打ち上げられた支笏湖の湖水が極寒の気温の中で氷の塊となって柱をつくるのですが、その氷柱のことを『氷濤』と言います。怒涛の涛。濤=トウ・なみ。波でできた氷のという訳です。

『支笏湖氷濤まつり』の開催期間

『支笏湖氷濤まつり』の開催期間は、2016年1月29日(金曜日)~2月21日(日曜日)まで。お祭り会場までの道のりが山間部を抜ける狭い道しかないので、混み合いうのですが、北海道のお祭りの中でもとても神秘的なお祭りのひとつですので、人生に一度は見ておきたいお祭りのひとつです。

まとめ

支笏湖の お祭りは 神秘的

おそまつさんでした。<(_ _)>