北海道の神秘 阿寒のタンチョウ

北海道の神秘 阿寒のタンチョウ

北海道の神秘な出来事ファンの皆様、こんばんは。

今日は、北海道の神秘と題しまして、『タンチョウ』をご紹介したいと思います。

タンチョウ。決して、蝶の仲間ではございません。毎年、この時季に北海道の阿寒や釧路湿原にやってくる『タンチョウ』という名の鶴のことでございます。

タンチョウ(丹頂)は、ツル科、ツル属、ツル目に属するツルでして、英語で表す種名では日本産を意味するGrus japonensis が付いているというとても日本になじみの深いツルなのです。

その馴染み深さは、千円札にも描かれている程。

また、北海道では、1964年に北海道の道鳥として指定されています。

阿寒や釧路湿原にやってくる

北海道には、毎年、1月頃になると道東の阿寒や釧路湿原に群れで訪れます。その姿、泣き声はなんとも言えない程の神々しさ!

かつて、北海道で独自の文化を気づいていたアイヌ人達は、タンチョウのことを『サロヌンカムイ(葦原の神)』と呼び、敬い、そして、共に生きてきました。


しかし、過去には、田畑を荒らす害獣とされていた苦難の時期も。。。

1920年代には絶滅したと言われたタンチョウ

過去には、なんと江戸(東京都荒川区荒川付近と言われている。)でも見る事ができたというタンチョウも、今では、北海道の一部(阿寒周辺、釧路湿原)でしか見る事はできなくなってしまいました。

過去には、1920年代には絶滅したのでは?と言われたこともあった程にその数を激減させてしまったタンチョウ。

自然保護団体による保護活動のじみちな努力や特別天然記念物への指定などの甲斐あって、少しずつ数を増やしてきましたタンチョウ。今後、もっともっと人と自然が身近に共生できる環境が北海道に整備され、北海道の中心都市札幌市の近郊でもタンチョウを見る事ができたら素晴らしいことなのですが、今、タンチョウに会うためには、阿寒や釧路湿原まで足を伸ばすしかありません。

葦原の神 タンチョウを見たい方は、寒いですが、阿寒(釧路市阿寒町の舌辛川(したからがわ))や釧路湿原を訪れてみては如何でしょうか?