北海道の秋雨は冷たすぎ。そして気になる今年の冬の天候は?

北海道の雨は冷たすぎ

北海道の秋雨は冷たすぎ。

秋雨とは、9-10月頃にかけて降る長雨のことで、そのまんま秋の雨と書いて秋雨(あきさめ)といいます。

秋雨は、夏に猛威を振るっていた太平洋高気圧が南へ移動したところに、大陸から冷たい空気を伴った高気圧が日本海に張り出すことで、熱い空気と冷たい空気がぶつかりあうことで大気が不安定になり、前線をつくり雨を降らせます。

10月に入り、朝晩では10度を下回る北海道。

すっかり冬の足音が聞こえてきた北海道に、秋雨がしとしとふりだすと、もう、寒すぎ。雨にあたると冷たすぎて、びっくりな状況です。

今年の初夏は雨続きで、うんざりでしたが、今年の秋も雨続きでややテンションがサガリ気味な毎日です。

初夏の6月に降り続いた雨。これまでは「北海道には梅雨はない。」というのが定説でしたが、最近の北海道では、6月頃に梅雨前線に覆われ長雨を降らせることが多くなってきました。

正式な名前などかどうかはわかりませんが、北海道では、「蝦夷梅雨」などと呼んでいたりします。

では、秋に降ることが多くなった秋雨のことを、北海道道民は、何と表現するでしょうか?気になるところです^^

きっと、来年あたりには、「蝦夷秋雨(えぞあきさめ)」なんて言葉が生まれているかもしれません。笑

気になる今年の冬の天候は?

さて、もうそろそろ終わりを告げそうな勢いの北海道の秋ですが、今年は、9月・10月共に天候が悪く、また、暴風豪雨で荒れることも多いため、残念ながら、なかなかすっきりとした秋晴れに恵まれず「絶景の秋北海道」を楽しむことができてない状況が続いています。

先日も久方ぶりに北海道にやってきた強力な台風の影響で、せっかく木々を彩った北海道の紅葉も、すっかり暴風でちぎれちぎれになってしまい、「落ち葉の絨毯」に変わってしまいました・・・。

さてさて、気になる今年の北海道の冬の天候ですが、

気象庁の発表によると、

今年はエルニーニョの影響で暖冬。

気象庁が「エルニーニョ監視速報」なるものを発表しているのですが、その「エルニーニョ監視速報」によると

 ・エルニーニョ現象が続いている。
 ・今後、春にかけてエルニーニョ現象が続く可能性が高い。

なのだとか。

エルニーニョが発生すると暖冬になるとのことで、もしかしたら、今年の冬は去年に続き、雪の少ない年になるかもしれません。

例年通り

が、しかしッ

エルニーニョの影響によって暖冬で雪少なめになるのは、関東までで、北海道や東北はあまり影響を受けず通年どおりの冬になるのだとか・・・。

北海道民は、心の底から、雪が少なく暖かい冬であることを毎年願っているのですが、今年はそんな願いも通日、いつもと変わらず雪がどっさり降る北海道になりそうです。

やれやれ。。

今年も雪か~~~~

今年の冬は、少しの期間でも良いので、北海道を脱出してみようかな(^^