11月なのに、マイナス20℃を記録。超極寒の北海道

11月なのに、マイナス20℃を記録。超極寒の北海道

11月に超寒波がやって来た。

11月に超寒波がやって来た。

2015年11月26日木曜日、本日、北海道美瑛町で、マイナス20℃を記録しました。

マ・イ・ナ・ス 20℃ です。^^;

も~11月にマイナス20℃を記録するなんて、本当にビックリです。本当に嫌になってしまいます。
毎年、「異常気象だ」と騒いでいますが、どうやら今年は「寒波」な年になりそうです。

因みに、美瑛町の他でも、由仁町で-15℃喜茂別町で-15℃を記録していることから、北海道の内陸部によくみられる「放射冷却現象」が発生し、急激な気温の低下が発生してしまったようです。比較的、温暖な札幌市でも-6℃を記録しています。

北海道の11月の平均気温は、

 札幌:4.6℃
 旭川:2℃
 網走:4.8℃
 美瑛:1.2℃(最低気温:-3.2)
 喜茂別:1.4℃(最低気温:-3.3)

ですから、1月、2月並、もしくはそれ以上に冷え込んだことがわかります。

当たらない天気予報

全然・まったく・さっぱり 当たらない天気予報によると、今年の冬は、北海道は平年並み。東日本や西日本では平均気温が高いのだそうです。冬型の低気圧が長く続かない為、東日本の日本海側は雪が少ないという予報を出しているだとか。

当たるも八卦当たらぬも八卦。

さて、今年は、エルニーニョ現象が長引いているというお話を以前にしました。そのエルニーニョ現象の影響をうけて、日本各地の天候に影響が出ると気象庁が予想しています。

少なからずエルニーニョは北海道にも影響を及ぼすとのことですので、この「大雪」と「超低温」という現象が、はたしてエルニーニョによるものなのか、そしてこの現象が今後も続くのか非常に気になるところです。

冬といってもまだまだ序盤。相撲で言えば初日のようなものですので、12月、1月、2月とさらに厳しさを増していくのはご勘弁願いたいものです。

超寒波の予感あり

特に根拠もありませんし、気象予報士でもありませんので、なんとなくなのですが、今年は雪が多く、寒波が激しい?!?のではないかと勝手に予想し気を揉んでいます。

備えあれば憂いなし。

今からでも遅くはありませんので、「万が一の為の寒波対策」をしておいたほうが良いかもしれませんッ。