お好み焼き粉にダニが発生!ダニ対策のベストはこれだ!

cocoparisienne / Pixabay

  1. お好み焼き粉にダニが発生し、救急搬送!
  2. ダニを退治する方法
  3. ダニを退治する方法2

お好み焼き粉にダニが発生し、救急搬送!

北海道の雄、北海道新聞が『お好み焼き粉、ダニに注意 北海道内、アレルギーで救急搬送も』というなんとも恐ろしいニュースを報じている。。

おいおいおい、『やきそばINゴキブリ』の次は、『お好み焼き粉INダニ』かよ!

と早合点しつつ、よくニュースを読んでみたら、開封しっぱなしのお好み焼き粉にダニが混入し、それを知らずに焼いて食べちゃって緊急搬送!というニュースでした。。

う〜〜むむむむ、それにしても、粉にダニが入り増殖するとはなんとも恐ろしい話だ。

とくに粉の中で増殖!しているというところが恐ろしいではないか!!

お好み焼きを食べたつもりが、、ガクガク(((n ‘д‘))ηナンダカコワイワァ

さて、お好み焼き粉で増殖してしまうダニだが、『コナヒョウヒダニ』という名前のダニで、チリダニと言われるダニの仲間だそうです。大きさは0.3〜0.4mm。目で見る事は大きさなのです。普段は、畳みや絨毯、布団の中に生息し、コナヒョウヒダニの死骸や粉が人の体内に入るとアレルギーを引き起こすという人類にとってはまさに天敵のような存在のダニなのです。

コナヒョウヒダニは、室温25℃、湿度を好む

コナヒョウヒダニは、人の垢やフケ、髪の毛を餌とし、25℃前後の温度と6−70%の湿度を好むと言われています。その為、コナヒョウダニが大好きな時期は、北海道の梅雨『エゾヅユ』の時期です。しかし、室内が極めて温かい北海道の冬の時期もコナヒョウダニにとっては大好きな時期なのかもしれません。

ダニを退治する方法

さて、こんな憎たらしいダニを退治する為には、どうしたら良いのでしょうか?

ダニを退治する為の最も良い方法は、『乾燥させること』です。ダニの生存しにくい環境をつくることでダニを死滅させ人に影響したい程度まで減少させることが理想であり目標となります。

筆者のおススメ アイテムはこれ。『日立 【マット不要】 ふとん乾燥機 (衣類乾燥カバー付) HFK-VH500-V ラベンダー

日立のふとん乾燥機「アッとドライ」で、あっと言う間にドライです。。。

ダニを退治する方法2

次に行いたいのは、マメな掃除。

”マメな”という部分がとにかく重要です。掃除して、ダニの餌の供給をストップするという訳です。昔で言えば、兵糧攻めですね。ついでにダニまで吸い上げてくれれば言う事なしなのです。

といいつつも、一時、話題になった某半島製のダニコップ?!?とか言う名前の掃除ロボではお話になりません。強力な吸引力でダニまで吸い込む、あれです。

そう、あれです。

一応、皆さん知っていると思いますが、念のため、ご紹介しておきます。

強力な吸引力でダニまで吸い込む

パナソニック サイクロン掃除機 ホワイト MC-SXD430-W

これ、何が良いかといいますと、排気が他の掃除機と比べキレイなのです。

例えば、布団乾燥機でダニを殺して、布団に転がったダニを掃除機でブオーと吸い込む訳ですが、吸い込んだそばから掃除機の排気口からダニの死骸が部屋中に舞い上がったのでは、元もこもありません。極力、掃除機からの排気はクリーンなものでなければならないのです。

ということで、検証した結果が、『パナソニック サイクロン掃除機 ホワイト MC-SXD430-W』。

寒すぎる北海道の冬は、とにかく温かいお部屋の中で、そして、ダニの居ないベッドやフォファの上で、ゴロゴロと過ごしたいものです。