新米の季節!食べておきたい特Aランクの北海道米はコレ

米

もう12月だというのに「新米」?ちなみに「新米」っていつまでが「新米」と名乗っても良いかというと、実はなんとなく決められていて、JAS法に基づく「玄米及び精米品質表示基準」によれば「収穫年の年末までに精白・包装された精米」は「新米」と表記しても良い、ということになっているそうです。ということで、ギリギリですが「新米」使わせていただきました。

ちなみに、米どころと言うと新潟県や秋田県…なイメージが強いですが実際は収穫量No.1は北海道なんです。「北海道米は不味い」なんていうのは過去の話。「米の食味ランキング」では北海道米が連年特Aの評価をされていて、今「北海道」は最も注目されているお米の産地のひとつです!

http://www.hokkaido-kome.gr.jp/

米の食味ランキング

このランキングはテレビや新聞でよく取り上げられるので、「食味ランキング」とか「特A」とか、皆さん一度は耳にしているのでは、と思います。これは「一般財団法人日本穀物検定協会」が毎年2月くらいに発表しているものです。実はこのランキングは昭和46年産米から毎年実施しているんですよ。

  icon-pencil 試験の方法

まず食味試験の訓練を受けた東京本部の職員が炊飯した白飯を実際に試食します。複数産地コシヒカリのブレンド米を「基準米」とし、それと比較し、以下6つの項目で総合評価します。

  1. 外観
  2. 香り
  3. 粘り
  4. 硬さ

そして、基準米と比べてどうなのか、以下のように評価づけします。

  • 「A’」おおむね同等のもの
  • 「特A」基準米よりも特に良好なもの
  • 「A」良好なもの
  • 「B」やや劣るもの
  • 「B’」劣るもの

その結果を受け、東京以外職員80名で再確認して最終決定をしているんだとか。

ちなみにこちらが今年の2月に行われた26年度の全国の「米の食味ランキング」です。133産地品種銘柄について食味試験を実施したそうですよ。

お米の品質は「東高西低」なんて言われていますが、西日本側でも、お米の開発・研究に力を入れているようで、特Aが増えているようですね。っていうか新銘柄はネーミングが面白いです。熊本の「森のくまさん」も特Aです。

北海道の特A米

さて北海道の特A米はこちら3銘柄!北海道米、近年安定した強さを見せていますね。
ホクレン&北海道米販売拡大委員会、力が入ってます。CMやPR活動にもお金がかかってそうです。これで全国的な知名度も一気にアップしたんじゃないでしょうか。

 icon-star ゆめぴりか

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

品種の名前の由来は、北海道民の「夢」とアイヌ語で美しいを意味する「 ピリカ」合わせたものです。誕生は2008年。まだまだ新しい品種ですが、北海道自慢の高級米です。
粘りがあり、炊き上がりが柔らかく、見た目には、艶があり、粒が厚くしっかりとしていて、その炊きあがりのバランスが非常に良んです。そして、このお米、ANAの国際線ファーストクラスの機内食として採用ているというから、その品質もお墨付きです。とはいえ、けっこうお値段しますよ。ゆめぴりかには特設サイトだって設けられていますから北海道米販売拡大委員会の力の入れ方もハンパないです。PR活動にお金がかかっているから価格が高いのかって?それもあるかもしれませんが、実際他の北海道産のお米と食べ比べると格段に美味しいです。道内の飲食店でお米にこだわっているお店は「ななつぼし」の使用が目立ちますが、高級店や 相当お米にこだわるお店は「ゆめぴりか」を使っている感じがします。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

[/wc_column][/wc_row]

  ななつぼし

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

北海道では定番品種です。個人的には「ゆめぴりか」派の私ですが、道内での人気はこちらです。スーパではかぜん「ななつぼし」が目立ってます。外食すると「当店ではななつぼしを使用しています!」なんて張り紙をしているお店を良く見かけます。こちらのお米、艶があり、粘りとコシがあり、また甘味があり、炊き立てはコシヒカリ・ひとめぼれ以上においしいとの評価もあるんだとか。そして人気の理由はおいしさもさることながらお手頃価格だということですね。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

[/wc_column][/wc_row]

  ふっくりんこ

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

2014年度産米で初の特Aを獲得したのこがこの「ふっくりんこ」。他の北海道米とともに目が離せない存在となってきています。実は筆者はまだこちらを食べていませんが、地元の人に美味しいといわせたい、という思いから生まれたこのお米とのことで、ふっくらと柔らかく、甘みのあるお米で、適度な粘りとツヤがあり、和食に良く合うお米なんだとか。通販価格はけっこう高めですね。近所のスーパーだと「ななつぼし」と同等、もしくはちょっと安いくらいです。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

[/wc_column][/wc_row]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする