余り知られていない北海道新幹線の料金

人気ブログランキングへ

目次

  1. 余り知られていない北海道新幹線の料金
  2. まるで税金や某大手携帯電話会社のようなマジックな価格
  3. 札幌からは絶対飛行機がお得
  4. まとめ

余り知られていない北海道新幹線の料金

全国の北海道新幹線ファンの皆様、こんにちは。

いよいよ、来月の3月26日に開業がせまってきた北海道新幹線。北海道が熱望し続けた新幹線がいよいよ北海道の大地を走る時がきた。

と、ここまでは、なにか全てが素晴らしく晴れ晴れとした話の様に聞こえるが、余り知られていない話がひとつある。

それが、

北海道新幹線の料金

なんと、新函館北斗―東京間の新幹線の正規料金は、2万2690円

本日の新聞でも話題になっていたが、JR北海道が初めて導入することとなったネット限定の割引切符「北海道お先にネットきっぷ(25%引き)」。仮にネット割引を利用したとしても1万7010円だ。

しかし、もっと驚くのが、札幌駅−東京駅間の料金だ。

おどろくなかれ。北海道の中心都市である札幌から在来線をつかい函館まで移動し、函館北斗駅から東京までの通常料金は、

なんと2万6820円。

まるで税金や某大手携帯電話会社のようなマジックな価格

しかも、ネットで割引が効くはずの「北海道お先にネットきっぷ(25%引き)」を利用するとなぜか総額2万9160円と通常料金よりも割高になってしまうというのだから驚きな料金設定なのだ。

なんだろう。この嫌な気分は。

まるで税金某大手携帯電話会社のようなマジックな価格設定と同じ思考回路が透けて見える気分になってしまう料金設定なのだ。

札幌からは絶対飛行機がお得

札幌−東京間を行き来するのであれば、絶対に飛行機がおすすめだ。

札幌から新千歳空港まではバスで新千歳空港まで1,030円。

新千歳空港から羽田までは高くてもせいぜい15,000円。

20,000円を出せば千歳空港でランチを楽しみつつ、お土産まで買えてしまうということになる。

新千歳空港には、北海道の美味しい名物料理を食べることができるレストランもあるし、

たくさんのお土産を買う事ができる売店も数えきれないくらいある。

安くて、移動時間も短く美味しいものも食べることができて、ショッピングもできる。

『うわぁ、海の宝石箱や~~~!』(by彦摩呂)

さて、

JR北海道は、函館に入る観光客を目の前に、将来的に札幌まで新幹線が延長したら、羽田−新千歳間の航空料金を見据えつつ、価格改定をしようと考えているのだろうが、移動時間がとにかく長く楽しむ場所も駅弁くらいしかない新幹線なのだから、価格で利用客をとにかく魅了しなければ、節約意識の強い日本人に、あっという間に見放されてしまうと思うのだが、それは筆者だけの杞憂なのだろうか。。。^^;

筆者的には、札幌−東京間の新幹線の開通よりもむしろ、札幌−千歳−釧路間に新幹線を開通させて欲しいと思うのだが。笑

まとめ

新幹線 価格が高く 魅力無し

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする