やっぱり圏外だったよ北海道新幹線の巻

北海道新幹線は圏外

北海道新幹線は圏外

やっぱり圏外だったよ北海道新幹線の巻

北海道新聞やYahooニュースなどのニュースサイトに、

「北海道新幹線は乗車時間の半分以上で携帯電話の電波が「圏外」に!!」

なんてタイトルの記事がでかでかと掲載されていました・・・。

やはり、圏外か・・・。

JR北海道によると、新青森―新函館北斗間のトンネルは青函トンネル(54キロ)乗車時間約1時間のうち半分以上は圏外なんだそうです・・・。

さすがは、「試されすぎる大地」 北海道。

新幹線にのっても「圏外」を体験させられるとは・・・

なんてシュールでファンタスティックな体験なんでしょう~!

きっと、JR北海道さんは、様々な電波を浴び続ける私達現代人の健康を考慮して、無電波の時間をわざわざつくってくれているということなんですね。よくわかります。(`・ω・´)キリッ

トンネルが約7割

さて、「圏外」の苦痛は、置いといて^^

一番気になったのは、トンネルが区間の約7割を占めるが、

という部分。

「えっ? 何っ? 北海道新幹線って、7割もトンネルなの???」

戦争を意識し、ミサイルによる被害を最小に抑える為なのか?

それとも、何かと忙しい我々現代人に心地よい睡眠を与えてくれる為なのか?

ただ単に、山があるから掘りすすんだだけなのか?

雪による被害を最小限に抑える為なのか?

理由は定かではありませんが、北海道新幹線に乗車しているうちの7割がトンネルという新事実・・・。

電波もなく、窓の外は真っ暗。

電波もなく、窓の外は真っ暗。
何をしろっっちゅうんですかね、一体。笑

きっとJR北海道さんは、発表される子供達の全国学力テストの結果が、毎年、最下位なので、新幹線にのった時くらい本でも読んで勉強しろ!ってことなんでしょうね。

さすが、気の利くJR北海道さんです。笑

そしにしても、約7割が日の当たらない土の中で、しかも圏外とは・・・

さすが、「試されすぎる大地」 北海道です。(TT

寝台特急の替わりと思ったら、ええんやねっ。

上野と札幌を結ぶ「寝台特急」カシオペアが廃止するそうなのですが、その替わりといっちゃなんですが、北海道新幹線は「寝台特急」の替わりと思えば、意外と楽しめますね!!きっとっ。笑

北海道新幹線とは?

平成28年3月26日に「新青森・新函館北斗間」の開業決定が決定している北海道内を走る始めての新幹線で、平成42年度末(2030年度末)には小樽を経由し札幌駅まで到達することを予定している新幹線なのです。

北海道新幹線の公式ホームページはこちら
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/skt/

札幌市都心部に北海道新幹線の開業日告知懸垂幕が登場した様子。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/skt/oshirase/H27kensuimaku.htm