憲法改正は悪か?北海道から考える。

真面目な政治

憲法改正について、北の大地北海道から考える。

憲法を改正することは何ら問題のないことだし、時代にあわせた憲法にするのも普通に考えれば当たり前のこと。国会議員は、秘書との旅行で衆議院本会議を欠席しハシゴ酒をすることが仕事ではなく、立法府である国会で議論し法律を制定することが本来の仕事なのだから、法の改正について議論し改正したとしても、本来の仕事をしているだけであって何ら問題のないこととなる。

では、何故、安部政権と安部政権が目指す憲法改正が一部から激しく判されているのであろうか?

安部政権が目指す憲法改正の中心となっているのは、集団的自衛権をめぐる箇所だ。
つまり、集団的自衛権についてのこれまでの政府の解釈を変え、憲法自体を改正しようとしてい

るから批判されているという訳だ。

これまで政府は、憲法第9条の下において「我が国を防衛するため必要最小限度の範囲」としてきた。
これに対し、安部政権は、これまでの解釈を変更して集団的自衛権の行使を容認しようとする方針を打ち出している。

主に左寄りと言われる人達は、安部政権の方針に反対し、右よりと呼ばれる人達は賛成している。
日弁連などは、「日弁連は、集団的自衛権の行使に関する確立した解釈の変更に強く反対します」との声明を出したりしている。

ふむむむ、なにやら思想の違いというのは大きな溝を生み出すらしい。笑

では、この左寄りの人達が反対の根拠とする「恒久平和主義」とは一体どんな主義なんだろうか?
恒久平和とは、永久に変わることのない平和のこと。
まぁ、なんでしょう、永久に変わることのない平和なんてものは、普通に考えてあり得ないわけですが、
この無理難題を目指そうという理想を憲法の原理としたい。
ということのようです。

平和への考え、理想は実にご立派です。

その理想のより所としているのが、日本国憲法第9条であり、解釈の変更及び憲法の改正はNO!
ということのようです。

日本国憲法第9条の条文を見てみます。
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

・・・。

素人的に見ても、憲法9条は矛盾だらけで、可笑しな憲法であることがわかります。日本人の本音と建前といいますか、理想は良いけど現実は違うといいかすか、ニントモカントモという表現が一番ぴったりくるような気がします。

恒久的な平和を実現したいと考え、安部政権の方針に反対し、行動するであれば、「武力の行使を、、、永久に放棄」という部分と「我が国を防衛するため必要最小限度の範囲」という今までの解釈の矛盾をつじつまが合うように説明しなければなりませんね。

ここからは私見ですが、北海道に住んでいると、新千歳空港の隣にある自衛隊の基地から戦闘機が一日に何度も飛び立つ光景が日常茶飯事となっています。恐らくは、日々の訓練とロシアの戦闘機へのスクランブルなのかなぁと北海道に住む住民達は思っているのでしょうが、北海道の住んだ大空を爆音を立てて戦闘機が飛び行く姿は、まるで戦時中を思わせんばかりの雰囲気全快です。

防衛省の発表によると、014年4月からの第1〜3四半期の9ヶ月で744回で、内、ロシア機へのスクランブル発進は、過去9ヶ月で369回に上るという。

この2つの事実を並べ考えてみると、憲法改正反対派の方々のとても立派な理想と主張はとても素晴らしいものであり関心させられるものではあるのだが、あまりに現実との乖離が大きく、単なる理想論でしかないと言わざるを得ない。

ロシアからの脅威に常にさらされている北海道。
そして、中国からの脅威に常にさらされている沖縄。

北方四島は、未だ、ロシアに占領されたままだ。

過去の歴史から、日本の周囲に住み着く民族の習性、性質、考え方、文化などをよく理解した上で、適切な憲法の改正と防衛体制(抑止力を含む)の構築、そして、平和への効果的な取り組みの基盤の構築を行うべきではないだろうか。

決して、理想や主張を掲げ、日本国という一国だけの憲法をひたすら守っているだけでは、ただの自己満足と同じで何の意味も無いに等しいと思うし、決して平和になることはないだろう。

例えばの話で恐縮だが、イスラム国の兵隊さんに憲法9条の素晴らしさをいくら語ったとしても時間の無駄だろう。
もちろん、お隣中国に対しても同様だし、ロシアに対しても同じはず。

結論っ

筆者は、北海道の恒久的な平和を現実的に実現する為に、是非、憲法を改正して頂き、もっと積極的且つ効果的に日本の防衛力を発揮して頂きたいと考えている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする