憲法学者が「違憲訴訟」を準備

真面目な政治2

早稲田大学教授の長谷部恭男氏と慶應義塾大学名誉教授の小林節氏が、安倍政権が今国会で成立を目指す安全保障関連法案は、違憲であるとして強く批判、「違憲訴訟」を準備するという。
これは、今、一番ホットなニュースで、自衛隊の集団的自衛権の問題という奴だ。
どこかの議員が、馬鹿と呼ばれた。
謝罪しろ。ショックだ。
とか、どこかの国会議員が騒いでいる例の奴でもある。
まるで思春期の子供のような議員さんが、あーでもないこーでもない騒いでいるということは、日本は、それはそれで平和ということなので、勝手にしてくださいという思いもあるのだが。
そもそも、集団的自衛権とは何だろう?
さて、憲法学者が「違憲訴訟」を準備 ということなので、少し考えてみたい。
そもそも、集団的自衛権とは何だろう?
集団的自衛権とは、「国家が武力攻撃を受けた時、武力攻撃を受けていない第三国と協力して防衛を行う国際上の権利」のことだ。
これは、日本の憲法が勝手に決めた訳でなく、国連憲章の第51条に明文化されている。
で、憲法学者は何が違憲なのかと主張しているかというと、
簡単に言えば、
 「集団的自衛権という(政府の)考え方が、日本の憲法に違反している。」
と言っている。
あれ? 何かおかしい。
80番目の加盟国として、国連に加盟
日本は、1956年に80番目の加盟国として、国連に加盟している。
加盟しているということは、国連憲章に準拠しなければならない立場となっている。
しかし、その国連憲章は日本の憲法に違反している。と憲法学者は言っている。
一言で言えば、矛盾という奴だ。
憲法学者の言うとおりだとすると、
●国際的な権利は持ってはいけません。
●憲法は守らなければならないので、憲法9条に従い、自衛隊は戦力なので必要ない。
ということになる。
しかし、早稲田大学教授の長谷部恭男氏は
「9条で武力行使が認められるのは個別的自衛権の行使のみです。」
とも言っている。
しかし、憲法9条の条文はこうだ。
—————
●日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
●前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
—————
日本では、「矛盾」と言い、国際的には「ダブルスタンダード」
陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
と言っているにも関わらず、「9条で武力行使が認められるのは個別的自衛権の行使のみです。」という長谷部氏の主張は、子供でもわかる程度に矛盾している。
こういうのを日本語では、「矛盾」と言い、国際的には「ダブルスタンダード」と言うのだ。
今回、安部政権が安保法案の改正に手をつけたことに対し、憲法学者さんが違憲訴訟をする以前に、何故、このお爺ちゃん達は、「憲法9条の違憲となっている自衛隊の廃止」を訴えなかったのであろうか?
それとも、そもそも9条自体を読んだことがないのだろうか?
安保法案はNOで、自衛隊の存在はOKというダブルスタンダードはどこから来るのであろうか?
私達は、一体何の為に、生活という名の乾いた雑巾からギリギリ絞り高すぎる税金を収め、自衛隊と長生きすぎる老人達を養っているのだろうか?
小林氏と長谷部氏は、何故、日本の国民に訴えずに、日本記者クラブで講演をしたのだろうか?
白人は良いけど、日本人は駄目
戦後の日本人は、戦勝国である米国の指導の下、欧米正義主義を徹底的に教育されました。
戦後の洗脳教育という奴です。
その結果、団塊の世代を中心に多くの反日日本人が誕生しました。
アメリカが2発の核爆弾を広島と長崎に投下し、無差別に大量の人々を殺戮したことは、無罪放免。謝罪の要求はしない。
白人は核を持っていいけど、日本人は駄目。
白人が有色人種を殺すのは良いけれど、有色人種が白人を殺すのは駄目。
日本が第二次世界大戦で戦争したのは、日本が悪だから。だから日本人は何度も何度も繰り返し謝罪し、何兆円ものお金を支払わなければならない。
国際的に認められた権利は、白人の物で、日本人はその権利を持っては駄目。
白人が髪の毛を金髪に染めるのは良いけれど、日本人が髪の毛を金髪に染めるのは駄目。
日本の国家公務員として税金を受け取っているにも関わらず、生徒の卒業式の国家斉唱で起立しない。
白人は良いけど、日本人は駄目・・・
この手の差別とも言うべき自虐意識。
コンプレックスからきているもなのか、それとも戦後の洗脳教育の賜物なのかは知りませんが、そろそろ止めにすべきではなかろうかと思う今日この頃です。
天気が良い日には、北海道の根室から肉眼でも見ることができるロシアに強奪された日本の領地 北方領土。日本に還ってくるのはのはいつの日か。。。