道民大好き!「焼きそば弁当」の謎

焼きそば弁当

「焼きそば弁当」は北海道限定にもかかわらず40年間も販売され続けているカップ焼きそばである。数ヶ月差でペヤングが早いみたいだが、ペヤングとだいたい同じ歴史らしい。
この「焼きそば弁当」道内トップシェアのカップ焼きそばだというのだから驚きである。さらに驚いたことには、

北海道限定販売にもかかわらず東洋水産のカップ麺の売上9位

ということ。道民はそんなにガツガツ「焼きそば弁当」を食べているのか…。こりゃ、あまりにも定着しすぎていて他のカップ焼きそばが入る隙が無いんだね。

以前の記事にも「焼きそば弁当」の話題があったが、実は食べたことが無かった筆者はこのたび初めてトライ。

ちなみに、

麺を戻した湯でつくる粉末中華スープが付いている!!!へぇー!!

IMG_2730

と驚いてみたかったのだが、筆者のカップ焼きそばランチ全盛期のOL時代によく食べていたカップ麺にもスープが付いていたような…。と調べてみたらそれもそのはず、「焼きそば弁当」の製造元東洋水産では東北地方、信越地方限定で「焼そばバゴォーン」を販売していて、そちらにもスープをが付いているんだそうです。

OL時代以来のカップ焼きそば、かれこれ10数年ぶりのカップ焼きそばが本日の昼食。

味についての感想は割愛させていただくが(じゃぁ記事なんて書くな!)
当時これだけでよく満足したものだと感心すると共に当時が今よりも随分痩せていたことに改めて納得。

各社それぞれの味わいについては以下の記事をご参考あれ。
全部試した井桁良樹さんスゴいです。カップ麺が苦手な筆者には無理。ゴメンナサイ。

http://news.mynavi.jp/special/2008/yakisoba/

北海道以外では北海道のアンテナショップや物産市などで販売しているとのこと。
でもアマゾンでも買えるみたいです。
どうしても食べてみたい方、北海道が懐かしくなった方はどうぞ。

ちなみに筆者が本日購入したダイエーマルヤマクラス店では149円(税込)でしたよ。
その後行ったサッポロドラッグで108円(税込)で特売してました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする