激安スーパー「マンボウ」が凄い!

マンボウ
あの店が安い、これはこの店の方が安い…。数円安い店を選んで買い物をしては、無駄なお菓子をいくつも買ってしまい全体的にはあまり節約ができない筆者ですが、ちょっとやそっと無駄なお菓子を買っても全体的に安いという夢の様な?激安スーパー、ありました。それが
札幌市西区にあるマンボウというスーパー。札幌に移住したての年、なぜか激安スーパーとは無縁そうなお医者さんの奥様に教えていただいた激安スーパーです^^

http://www.super-manbou.net/index.html

納豆2パック19円、さんま39円、大根59円、とうきび(道民はとうもろこしって言わない)69円、なめこ39円…凄まじい安さだと思いませんか?

さらに賞味期限が近いお菓子、あまり売れなくて?大量在庫になったような食品や菓子(チョコボールみたらし団子味…とか)が、まさに処分価格で山積みにされています。

ただ、マンボウに行くには以下のポイントを押えておいた方が良いです。

家族で行きましょう。

店内通路は狭く、カートはありません。

店内はお客さんでごったがえしている上に所狭しと商品が並べてあるので通路が非常に狭いです。カートが無い(そもそも通れないけど)から手にカゴを持って買い物をしなくてはいけないので大量に購入予定の方は是非家族連れで行く事をおすすめしたいとお思います。暗黙の了解のごとく、重くなった1個目のカゴを通路に置いて2個目の買い物かごで店内を移動するお客さんもいるので、通路はさらに狭くなっていますから乳幼児連れ、一人で大量に購入したい人はマンボウでの買い物自体考えた方が良いです。

購入してから離れた駐車場まで運ぶ事も忘れないでくださいね。あまりにも安いので、それを忘れてついつい大量に買い物してしまいそうになってしまいます。

購入するものをあらかじめ決めて、誘惑に負けなないように買い物をしましょう。

全ての商品が激安ではないので、無駄にあれこれ買ってしまわないように!

たいてい激安だが全てが激安ではありません。加工品や調味料等は通常価格だったり、それ以上だったりするものもあります。安い安いとついついあれこれカゴに放り込んでいるうちに「ついでに買っておこう」なんて予定もしていなかった商品をいくつも購入してしまい、無駄な買い物をしてしまいます。(筆者だけ?)購入するものはあらかじめ心に決めて買い物をして、誘惑に負けない精神で買い物に望むと良いですね。

特に山積みにされた菓子類にはついつい手が出てしまうから注意が必要です。

たまに、「いくら安くてもコレは失敗だった」というハズレを買ってしまうこともありますがたいてい許せる範囲です。まぁ、49円のお菓子、30円のうどんとかですから、恨みっこ無しです。

決して損はしていないのでしょうけど…無駄な買い物をしたくなければ誘惑に負けないことが大切です。

購入個数が制限されているものがあります。

「マンボウ」での購入制限がある商品は「一人○個」ではありません。「一家族○個」です。

以前「おひとり3個まで」と記載されていた納豆…筆者が3個持ち、娘にさらに3個持たせて筆者が購入した次に娘に購入させました。別に悪意は無かったのです。そうしたところ他のお客さんが「ずるい!」と怒っているではありませんか!さらに店員にも怒られる始末…。そう、ここでは「1家族」の限定数量なのです。「じゃぁ、値札とかにそうしっかり書いておいてよ!」と店員に怒り返しをしてしまったら帰宅後、「みっともないからあんなことで怒らないでよ」とさらに娘に怒られてしまうという最低な買い物をしてしまった思い出の19円の納豆。それ以降は値札に「1家族様○個」と記載するようになっていましたっけ。

ゆっくり買い物をしたい場合は他店をおすすめします。

安い商品を求めてやってくるお客さんですから他のお客さんより絶対損をしたくない。我れ先に安い商品に手を出すし、他人が得をしていると執拗に憎んできます。ぼやぼやしていると露骨に邪魔者扱いされます。品出しに忙しい店員も決して親切ではありません。だからなんとなく店内が殺伐としています。冷たい対応にいちいち傷つくよりも、そんなこと気にせずお得になることを喜ぶ気持ちで買い物をしましょう。なので、そもそもゆっくり買い物を楽しみたい場合は他店での買い物をおすすめします。

ちなみに「マンボウ」のに近くに「生鮮市場西野店」というスーパーがあります。こちらは、「マンボウ」ほど激安ではありませんが、比較的リーズナブルですし、お店もクリーンで広々していますから買い物はしやすいので、個人的にはこちらがオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする