石釜ピザが食べられるお店

実は私、北海道の飲食店、苦手です。

意外と思われるかもしれませんが、北海道をイメージする牧歌的なカフェとかレストラン、お料理やサービスにがっかりすることが多いです。北海道に暮らし始めた頃はそんな「がっかり」なお店に行ってしまったのは「たまたま運が悪かったんだ」と思っていたけれでど、そうではないのです。むしろ「がっかり」が普通で、そうじゃなかったら「ラッキー」なのです。(あくまでも個人的な感想ですが…)私が道産子だったら気にならかったことなのかもしれない小さな「がっかり」なことなのかもしれませんが、どうも大らかな道産子気質にはなりきれないらしく、すっかり外食が苦手になってしまいました。せっかくのドライブや旅行が「がっかりな食事」のせいで不愉快な気持ちになることがあまりにも頻繁なので、初めて訪問する飲食店にはかなり警戒してしまう癖ができてしまいました。これは本州にいたときには感じなかったことです。どちらかというと本州にいたときは「今日はどんなお料理が食べられるかな」というワクワク感の方が強かったし、たいてい期待は裏切られなかったと思います。だからたまにがっかり」なお店に行ってしまった時は「たまたま運が悪かったんだ」と思えたのです。

そんなわけで、最近は「ここなら安心できる」という数少ない飲食店にばかり行く様になってしまいました。

前置きが長かったのですが、そんな私が北海道で安心して北海道を楽しめる数少ない飲食店のうちの一つ…喜茂別のある「ふくろうの森」をご紹介します。

喜茂別「ふくろうの森」

喜茂別「ふくろうの森」

住所:虻田郡喜茂別町字相川76番地2
定休日 : 毎週火曜日
営業時間 : 冬11:00〜18:00(オーダーストップ17:30)
電話 & FAX : 0136-33-2960

http://www.fukurounomori.net/

石釜のあるピザレストラン

北海道には「石釜」のあるお店がけっこうあります。土地の広さと時間の余裕と心の広さからでしょうかね。石釜でパンなんかを焼くと赤外線の効果で素材の風味をギュッと閉じ込めてくれ、外は香ばしく内はもっちり…おいしく焼き上がるそうです。それ以上に「石釜で焼いた!」という雰囲気が良いですね。無骨な焼き目もまた愛おし。「ふくろうの森」にもお手製の石釜があって特製のクリスピーピザはここで焼かれます。ベーコン等も自家製で店内はスモーキーフレーバーで満ちあふれています。

自然を慈しめるロケーションに素敵なログハウス

熟れすぎていないウッディーな建物が(良い意味で)ギリギリなところで完成されていない雰囲気ですが、そんな無骨さは都会のレストランには無い味わいでです。コレ以上でもコレ以下でもダメ…といった絶妙なバランスがグっときます。

訪れた先日ははあいにくの雨でしたが、それはそれで、しっとりと濡れた木々の姿や凛とした空気を楽しむことができます。林の中にお店がありますが、目の前には「利尻川」が流れていてカヌーを楽しむワークショップなんかもしているみたいです。

「ふくろうの森」は素材の味わいに感動して、雰囲気を楽しみ、自然を慈しむことのできるレストラン。北海道らしい牧歌的なレストランを満喫できる「あぁ、北海道って素敵!」と素直に感じることのできる場所です。ただ、牧歌的な雰囲気のわりにお値段はそんなに牧歌的ではありません。

ランプ

薄暗い店内がまた素敵

 icon-cutlery 自家製スモークベーコン& カチョカバロチーズのピザ

自家製スモークベーコン& カチョカバロチーズ

サクラのスモークウッドで燻した自家製ベーコンの香りとキリっとした旨塩味がとても心地よいです。喜茂別町タカラ牧場の「カチョカバロチーズ」がたっぷりのっています。33センチ×21センチのビッグサイズですが、クリスピータイプの薄いピザなので一人でペロリといけてしまいそうです。

  日替わりパスタ

スパゲティ

本日のパスタは「ミートソース」です。と言われて少々がっかりして後登場したのが、こちらのパスタ。ズッキーニ、茄子、椎茸等の季節のお野菜が入ったトマト系のミートソースでした。コリっとした胡桃のアクセントにセンスが光ります。

  シザースサラダ

シザーズサラダ

ガーリクチップの入ったオリジナルドレッシングがとても美味しくて、長女がペロリとたいらげてしまいました。800円…ちょっと量が少ないかな。

一昨年に来た時は良いお天気でした。ウッドデッキでいただくピザは格別してた。広い芝生ではライブイベントが開催されていましたっけ。あの時は遊具があったけれど無くなっていました。どうしたんだろう。

一昨年の夏

一昨年の夏

札幌から車で2時間弱。日帰りドライブにちょうど良い距離だと思います。いや…日帰り度ライフは片道2時間が限界かな。私は。

まどか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする