北海道ノスタルジーオヤツ【きびだんご編】

食べ歩きヘッダ

全国各地にセンチメンタルでノスタルジーな昭和なオヤツが存在しています。今となっては老若男女に幅広く愛されているわけでもなく、それでも決して淘汰されるわけでもなく…。ひっそりと今も根付いているお菓子達…。北海道にもそんなオヤツがいくつかあります。

北海道銘菓?「きびだんご」

天狗堂宝船「きびだんご」

天狗堂宝船「きびだんご」

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]
桃太郎でおなじみの「きびだんご」といえば、岡山の名物だと思っていました。ですから「きびだんご」は岡山の銘菓だと思っていました。ですが、昔から駄菓子コーナーにひっそりとあったあの「きびだんご」…。丸いお団子じゃなくて平べったいあれです。そういえばよく見ると「北海道銘菓」って書いてあるではありませんか。そもそも「団子」じゃないし、「きび」も入っていないではないですか。これはいったいどういうことなのでしょうか。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

原材料

[/wc_column][/wc_row]

団子っぽくない

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]
この「きびだんご」、いわゆる「おだんご」の丸い形ではなく、「のし棒」状態。しかもくっつかない様に懐かしの「オブラート」に包んであります。食感は硬くなる直前のお餅…といったところです。味はカラメルソースを薄くしたような…素朴な味。「きびだんご」を昔からめったに食べていない私ではありますが、懐かしい味わいです。強烈に美味しいものでもないけれど、決して不味くもなく、この素朴な味がやけにホッとします。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

きび

[/wc_column][/wc_row]

桃太郎のそれとは由来を異にする「きびだんご」

桃太郎の「きびだんご」は、おばあさんが黍で作ったもの、でも北海道の「きびだんご」はそもそも由来が異なるのです。実はこの「北海道のきびだんご」は、北海道開拓にあたった屯田兵の携帯食をもとに大正12年(1923)に発売されたものです。北海道開拓の精神と、その年に起きた関東大震災の復興を願い、「事が起きる前に団結して助け合う」  「起備団合」  「きびだんご」と名付けられたお菓子なのです。…なんだか無理矢理ではありますが。そんなわけで桃太郎の「きびだんご」じゃないんです。全く異なるのです。でもパッケージには桃太郎のイラストが大胆に描かれております。シャレってことのご愛嬌?

開拓時代の保存食、そしてお茶請けとして繁栄

なにせ、屯田兵の携帯食ですから「いざとという時」の為に備蓄できなくてはいけませんってなことで、このように平べったくして持ちやすくなっていて、常温で180日の保存ができ、噛み切りやすい絶妙な柔らかさと腹持ちの良さがあるのが特長です。前述の通り、これは「おだんご」じゃありませんからね。

「きびだんご」はカステラ同様、以前は農繁期の従業員のお茶請けとして欠かせない存在だったそうですが、やはり時代の流れとともに減ってはいるとのこと…。

開拓精神を受け継ぎ今もなお進化し続けています

現在は谷田製菓株式会社株式会社天狗堂宝船の2社が製造している「北海道のきびだんご」。時代とともに「きびだんご」の需要は減っているものの、「きびだんご」の進化系のおやつ株式会社天狗堂宝船の「抹茶餅」は、海外での抹茶ブームを受けてアメリカでの販売が決まっているんだとか。同じく進化系の「くるみもち」はコンビニやスーパーでよく見かけますしね。実は北海道の開拓時代に誕生したこの「きびだんご」はその開拓精神を受け継いで今もなお進化しているんですね〜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする