今日は節分、そして立春。で、節分と落花生

今日は節分、そして立春。寒さも今日明日がピークなはず

全国の節分ファンの皆様、こんばんは。

今日は2月4日、節分、そして立春。

ということで、寒さも今日明日がピークなはずと思って、天気.JPで札幌の週間天気予報を見たら、

来週、月曜日の最低気温は、−10だったでござる。。。

つか、今日より寒いし(´・ω・`)ガッカリ

節分と落花生

さて、相変わらずの極寒の北海道でうんざりしつつも、気を取り直して、北海道の節分についてご紹介したいと思います。

日本では、古来より節分の日には、立春の前日である為、一年の災いを払うため『豆まき』が行われてきました。

もちろん、豆を撒くという行為には、「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(炒った大豆)を撒いて、年の数だけ豆を食べて厄除けを行うという意味がちゃんとあって、悪行ばらいの行事として現代まで受け継がれて来たのです。

なのですが、、、

豆が落花生に変わりました。

なぜか、北海道に来ると『福豆』であったお豆ちゃんが、いつの間にか『落花生』に変わってしまったのです。

いつもの調子で、諸説色々あるので、ちろっとご紹介しておきますが、道民に豆から落花生に変わった理由について聞いてみると、、

『えっ?落花生じゃないの???』

という反応がほとんどでした。笑

北海道では、もはや節分には落花生を撒く事が常識化されており、『豆まき』の意味さえ存在していませんでした。笑

ネットで調べてみると

『落花生=常識』意外の人を探すのも面倒なので、さっそくグーグル先生に来てみると。。

『雪の中でも落花生は拾える。』

『落花生のほうが、栄養がある』

『食べ物を祖末にしないから』

と後から取ってつけたような理由ばかりでした。笑

落花生に変わってしまった本当の理由

あくまで筆者の想像ですよ。想像なんですが、なぜか北海道でお豆ちゃんから落花生に変わってしまった本当の理由は、

『豆を撒くって知らなかった。』

『豆を買い忘れたので、とりあえず落花生を撒いてみた。』

『落花生を豆だと本気で思っていた。』

まっ、こんなところが真相だと思います。(^^;

北海道らしいですねww

まとめ

北海道 撒いて食えりゃ 何でもよい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする