「とん汁」と「ぶた汁」、あなたはどっち派?

「とん汁」と「ぶた汁」、あなたはどっち派?

日本中のトン汁ファンの皆様、こんにちは。

本日も、コアなトン汁のお時間がやってきました。

さて、「豚肉と野菜を煮込んで味噌で調味した味噌汁の一種」である食べ物のことを、あなたはどのように呼んでいますでしょうか?

ちなみに、筆者は、「豚肉と野菜を煮込んで味噌で調味した味噌汁の一種」である食べ物のことを「トン汁(とんじる)」と呼んでいます。

しかし、トン汁(とんじる)を漢字表記にすると「ぶたじる」と読めることから、「豚肉と野菜を煮込んで味噌で調味した味噌汁の一種」である食べ物のことを「ぶたじる」と呼ぶ人達がおり、度々、「トン汁・ブタ汁」論争が起きています。

トン汁か?ブタ汁か?

トン汁派の人々の意見としては、

「ぶたじる という言い方が嫌だ。」

「食欲がうせる。」

「七味唐辛子をななあじ唐辛子とは呼ばないから、トン汁。」

「ぶたじる ってww」

まぁ、様々な意見があるワケですが、調べていくとどうも地域によって豚汁の呼び方がかわるようなのです。

ブタ汁派は、

豚と書いてあるから「ぶた汁」。

地域性が強い「豚汁」

ちなみに、北海道では、豚汁ことを『ぶたじる』と呼ぶ人が大半です。トン汁と呼ぶ人々は、3人に1人、もしくは4人に1人くらいでしょうか。

その他の地域では、青森と山形は「ぶた汁」。仙台は「トン汁」。東京は「トン汁」。京都は「ぶた汁」。佐賀も「ぶた汁」。

北海道のぶた汁のルーツ

あくまで筆者的な感じでは、「ぶた汁」派は、日本海側に多く、「トン汁」派は太平洋側に多いようです。

北海道民の多くは、東北や北陸から約2世代くらい前に開拓民として移住してきた人々たちの子孫が多いのですが、北海道で豚汁のことを「ぶた汁」と呼ぶ理由は、東北や北陸から北海道に移住してきたお爺ちゃん、お婆ちゃん世代の影響が今も色濃く残っているからなのかもしれません。

まとめ

豚汁と 呼んで楽しむ 日本の味(字余り)