雪の上で人や車が滑る理由

雪の上で人や車が滑る理由

byymee / Pixabay

12月29日お昼頃、函館市を走る市電が脱線し、一時、付近の交通が麻痺したというニュースが飛び込んできました。

函館市電脱線のニュースはこちら

今年の北海道は、暖冬とドカ雪を繰り返すというお天気のパターンであるからか、道路が例年よりもとても滑りやすくなっています。昨日、今日と札幌市内では、FF車のタイヤが空転し坂道を登ることができない車が路肩に駐車している姿を度々見かけました。今年は4WD車でなければ車の運転も危険な状況が続いています。

何故、雪で私たち人や車は滑るのか?

そもそも、何故、雪で私たち人や車は滑るのでしょうか?

雪道で人や車が滑る原因は、雪!ではなく水なのです。
靴やタイヤが雪に触れると、雪面と靴やタイヤとの温度差で雪の表面が溶け始め雪の表面にうっすらと水の膜がつくられます。これが、靴やタイヤをつるつると滑らせる原因となるのです。

主なスタットレスタイヤなどは、この滑りの原因となっている水の膜を取り除くために、細かな溝が設けてあったり、水が逃げやすいパターン(柄)にしてあったりと様々な工夫を凝らしています。

お勧めスタッドレスタイヤは?

しっかりと水の膜を除去し、雪の上でも車をしっかりとコントロールできためのお手伝いをしてくれるおススメのスタッドレスタイヤは、これ。ブリジストンのブリザック VRX


BRIDGESTONE BLIZZAK VRX (ブリヂストン ブリザック) 国産 プレミアム スタッドレス 215/45R17 タイヤのみ 4本セット

今まで色々なスタッドレスタイヤを履いてきましたが、これは秀逸・高性能!僅かなタイヤの性能の差で事故になってしまったりするのが、雪道ですので、高性能なタイヤをえらびたいものです。

BRIDGESTONE BLIZZAK VRXのCM動画がアップされていましたので、下に貼り付けておきました。