北海道都市伝説列伝 スキーと背中とタオル

目次

北海道の熱烈な都市伝説ファンの皆様、こんばんは。

今週も北海道の熱烈な都市伝説のお時間がやってきました。

北海道は、一年で最も寒い2月に突入し、連日、氷点下。すっかり極寒の北海道らしくなってきました。

と思いきや、今年はスーパーエルニーニョ現象のおかげか、2月にも関わらず札幌市内でも交通量の多い道路では、路面が見えたりする日もあったりと、「雪はドカッと大量に降るが期間を通してみると雪が少ない」という状態が続いています。

奇怪な風習

さて、雪と言えば、ウィンタースポーツ。そして、北海道では雪かきと来るのですが、北海道には一人一台スマホを持つ時代になったにもかかわらずまっこと奇怪な風習が今も脈々と受け継がれていたりします。

そんな奇怪な風習が

「スキー」と「背中」と「タオル」

笑 まぁ、そのまんまなのですが、北海道ではスキーや雪かきをするときに、何故か、背中に、「タオル」を入れる奇怪な風習が今も続いているのです。

「汗のため?」

まぁ、その通りなのですが(^^;

「速乾性」や「通気性」の素晴らしさを実現してくれる新素材が開発され、機能性に優れたアンダーウエアが、その辺の量販店も普通に売られている現代で、何故に、わざわざ背中にタオルをいれにゃぁいかんのだ!?!

と思いつつ、何事も実践!

何事も実践!

ということで、背中にタオルを入れて、スキーをやってみた。笑

StockSnap / Pixabay

気になるその結果は?

意外といい!

  • 思いのほか風が適度に入り、通気性がよい!
  • 保温もある!
  • 体を締め付け圧迫することもない。

ただ、デメリットも。

もちろん、良い面もあれば、悪い面もある。ということで、悪い面も正直にご紹介しておく。^^;

  • ごあごあする。
  • シャツの中で動くととてもウザイ。
  • ずり下がる。笑

まとめ

ケチらずに 高い機能の シャツ買えよ