北海道の都市伝説を徹底解剖!北海道の真実

AnnaER / Pixabay

北海道の都市伝説を徹底解剖!北海道の真実

やや大げさなタイトルをつけてしまいましたが、思い出したらアップする程度に適当な不定期更新ということで、^^; 現代にくすぶる北海道の都市伝説について紐解いていきたいと思います。

北海道の都市伝説『北海道民の冷蔵庫』とは?

北海道民は、冷蔵庫のことを『食品を凍らせないようにする道具』だと思っている。

そんな都市伝説のような馬鹿げた話が、日本中を駆け巡っているのですが、果たして真実だと思いますか?

結論から先に言います。

はい、まっことその通り、真実です。

道民達は冷蔵庫は食べ物を凍らせない道具だと本気で思っていますww

信じられない方も大勢いらっしゃると思いますが、この都市伝説のような馬鹿げた話は、真実です。

信じるか、信じないかは貴方次第。

ではなく、本当のお話です。笑

誤解があると面倒いので、一応、フォローしておくとしますが、道民達も一応冷蔵庫は食品を冷やす機械であるということは、理解しています。(中には、本気で凍らせない道具だと思っている人もいるようですが。。。)

しかし、北海道の大地に雪が舞い降りる頃になると

「ほれ!凍ってしまうから、早く冷蔵庫にしまっておけ!」

という威勢の良いかけ声が北海道中で響きわたるのが、北海道なのです。笑

ガレージは、冷凍庫。玄関は冷蔵庫。

ちなみに冬の間のガレージは、冷凍庫です。 これは、冷凍庫の電源を入れっぱなしにしておくと、電気料が高くつくので、冷凍保存しておきたいものは、基本的にガレージに置いておきます。

※北海道ではガレージをイメージさせるものはほとんどなく、シャコ(シャコ)がイメージ的に適切かもしれません。

ガレージに放置された食べ物は、ものの数分すると、カッチカチの冷凍状態に早変わり。春まで溶けることはありません。ちなみに、玄関は、冷蔵庫代わり!たまに凍ってしまう場合がありますが、だいたい大丈夫なんだそうですww

念のため、北海道民の名誉の為に言っておきますが、ガレージを冷凍庫代わり、玄関を冷蔵庫代わりにつかうのは、決してお金がなくケチっている訳ではありません。地球の温暖化を考えて、エコロジーしているからなのです(`・ω・´)キリッ

食物戦線異状あり! 道民の埋める習性

北海道民は冬の間貯蔵しておきたい食べ物を、庭やベランダの雪の中に埋めておく習性があります。

家の庭に埋めるのです。

北海道に来たての頃は、

『おいおいおい、ベランダを貯蔵庫代わりに使うのかよ!』

『お外に、しかも食べ物を埋めるのかよ!』

と思いましたが、道民達は、まるで日本の常識のごとく、冬になると、タンタンと雪の中に食べ物を埋めていき、長く寒い冬が過ぎるのを待つのです。

その様子は、まるで冬を迎えるリスのようですww