お節は、大晦日に食べるっしょっ(・∀・)キリッ

おせち料理

お節は、大晦日に食べるっしょっ(・∀・)キリッ

お正月といえば、お節(おせち)。
1月1日の元旦に、家族が集まって「新年明けましておめでとうございます」とのご挨拶の後、皆で仲良くお雑煮と一緒にお節をつまむ。
その後は、お酒が入り、くだくだと寝正月となる人もいれば、大晦日の神社へのお参りの混雑をさけて、1月1日元旦に神社に足を運ぶ人もいたりするのが、一般的な日本のお正月。
なっ、なんですが、、北海道のお正月は、ちょっと様子が異なります。




といいますのも、1月1日元旦にお節の入った重箱を開けても、中身は空っぽ。笑
なんで?( ̄ー ̄?)…..??アレ??
と始めは誰しもが思うのですが、、なんと、北海道では、「お節」は12月31日大晦日に食べるもの。
年を越す前に食べちゃうのが、北海道における「お節」なのです。
ェエェエェエェエェエェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェエェエェエェエ
「それじゃぁ、お節じゃないでしょ?」
「じゃぁ、年越しそばは、いつ食べるんだよ」
いわゆる本土の日本人はそう思ってしまうのが普通だと思うのですが、、いつの頃からか、北海道では、お節は大晦日に食べるものとなり定着してしまったということです。
因みに、年越しそばも大晦日に食べるんです。笑
おおらかで、ゆったりとした性格の北海道民をイメージしがちなのですが、道民は意外とせっかちな方が多いのかもしれませんね。
そういえば、車の運転もせっかちな人が多いようなヽ(*’0’*)ツ
いづれにせよ、「お節」という食べ物は、日本人にとっては新しい年を新たな気持ちで迎えるための重要な食文化のひとつ。
大晦日に頂くにせよ、元旦に頂くにせよ、ひとつひとつ意味のある品々をゆっくりと噛みしめて、気持ちを新たに、最高の一年をスタートさせたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする