【北海道移住の為のノウハウ】北海道の仕事を知ることが何より重要な訳

北海道移住の為のノウハウ

北海道の仕事を知ることが何より重要な訳

東京や大阪などの大都会での生活を辞め、一度しかない人生を満足したものとする為に、北海道への移住を決めた場合、

 「北海道で如何にして暮らしを営むのか」

ということが、何より重要になります。

そんなの当たり前じゃないかと思う方は、侮る無かれ。

この一点を押さえずに、北海道へ移住後、一年も経たずに東京へリターンという方が結構いらっしゃるのです。

どのようにして北海道での安定した暮らしをつくれば良いのか?

では、どのようにして北海道での安定した暮らしをつくれば良いのでしょうか。

その第一歩は、

 北海道のビジネスを知ること。

これが何より大事なことです。

東京や大阪などの大都市には、様々な職があります。
誰しもが様々な職業があることが当たり前で、それが常識だと思って、意気揚々と北海道にやってくると、あまりの仕事の少なさ、マーケットの多様性のなさ に戸惑ってしまいます。
そして、移住後一年も経たずに、大都会で求められていたものが北海道ではまったく求められていないという「ニーズ」の違いに驚き、そして失望し、あれだけ嫌気をさした東京や大阪での生活に出戻ってしまうのです。

「なんで? 北海道には、仕事がないの??」

と言う声が聞こえてきそうですが、はっきり言うと、北海道には仕事はありません。

仕事はあることにはあるのですが

というのは、多少、語弊があり、仕事はあることにはあるのですが、多様多彩な仕事はまったくありません。

北海道のお仕事の基本は、「物を売る」「物を買う」といったように「物」つまり「ハードウエア」の売買を基本としたお仕事が中心になります。

もう少し具体的に言うと、
・ホームページや商品をデザインしたり
・建物をデザインしたり
・建物を設計したり
・文章(コピー)を書いたり、編集したり
・システムの設計や開発、
・システムインテグレーションしたり
といった仕事は、爪の垢程度しか無いのが北海道の現実です。

もちろん、重箱の隅をつつく様に探せば無いことは無いのですが、物の売買ではない仕事に対する価値観が北海道ではとても低いので、極めて低賃金労働になってしまいます。
ひとつ例ですが、北海道のホームページデザイナーは、
ホームページをせっせとデザインし、
HTMLコーディングし、
サーバーにアップロードして公開し、
毎月数千円から1万円程度のお金を、
サーバーの運用管理費をもらっていたりします。

もちろん、レンタルサーバー代も込みの価格です。

更には、毎月、運営費をお客様のところまでお伺いし、集金しているといった惨状です。(つまり、振り込んでもらえない。ということです。)

東京などの大都会でお仕事をされてきた人々が、北海道のこのような状況を知ってしまうと、(北海道のホームぺージデザイナーの方には大変失礼なのですが、)これでははっきり言って、やってられないと感じる方が大半のようです。

“無形資産”に対しての価値と評価が極めて低い北海道

北海道では、所謂、”無形資産”に対しての価値と評価が極めて低く、物ありきが商売の基本となっている為、東京や大阪などで高度な知識とスキルを持っている方々にとっては、「職の大転換」を図らなければならないという壁に突き当たります。

何度も繰り返しますが、北海道の経済は、食べ物や飲み物、そして衣服などの「物」を売り買いし成り立っています。

情報やデザインなど触れたり触ったりすることができない「無形資産」は、北海道内では価値は見出されず、極端な言い方をすると”ただ同然”で扱われますので 、ビジネスとしてほぼほぼ成立することはありません。
その為、情報やデザインに関する高度な知識を持っていたとしても、世に言う「宝の持ち腐れ」になってしまい、どんなに営業に注力したとしても、ほとんどの方が報われず、1年もすれば路頭に迷うことになってしまうというのが悲しき北海道の現実です。

北海道内への移住を検討し始めたとき、まず最初に行わなければいけないことは、
「北海道で生活を営むことができる仕事をする。」
という覚悟を決めることが何より重要になります。